「ほっ」と。キャンペーン

私個人のメモ帳代わり。基本的に時事的な事を取り扱ってます。記事内でおかしな点がありましたらコメント欄にて指摘してください。ちゃんと調べた後に(あれば)訂正します。


by justice_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2005年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先日の産経新聞の記事

政府は二十五日の閣議で、さきの大戦後、連合国によって「戦犯」とされた軍人・軍属らが死刑や禁固刑などを受けたことについて、国内法上は戦犯は存在しないとの見解を明確にした答弁書を決定した。
首相の靖国神社参拝に関しては「公式参拝」であっても、宗教上の目的ではないことが外観上も明らかな場合には、憲法に抵触しないとの見解を改めて示した。
いずれも民主党の野田佳彦国対委員長の質問主意書に答えた。
答弁書は「(極東国際軍事裁判所やその他の連合国戦争犯罪法廷が科した)刑は、わが国の国内法に基づいて言い渡された刑ではない」と指摘。A、B、C各級の「戦犯」は、国内では戦争犯罪人とはいえないことを明確にした。
また、答弁書は首相の靖国参拝に関し、「戦没者の追悼を目的とする参拝であることを公にするとともに、神道儀式によることなく、宗教上の目的によるものでないことが外観上も明らかである場合は、憲法二〇条三項の禁じる国の宗教的活動に当たることはない」との見解を改めて表明した。
靖国参拝について藤波孝生官房長官(当時)は昭和六十年、「首相、閣僚が国務大臣としての資格で戦没者の追悼を目的として、靖国神社の本殿、社頭で一礼する方式で参拝することは、憲法の規定に違反する疑いはない」との政府統一見解を発表している。
首相の靖国参拝をめぐっては、大阪高裁が拘束力を持たない「傍論」で靖国参拝を「公的行為」と認定。
憲法の禁止する宗教的活動に当たるとしたが、政府見解はこれを真っ向から否定した。




改めて政府の見解として公式に発表した事は、高く評価したい。
しかし一方で「はぁ?今頃なに当たり前のこと言ってんの?」とも思う。

講和条約成立後、日本国政府が真っ先に行った事が「大東亜戦争における『戦犯扱いされた』拘留者達の釈放」である事はすでに明らかであるし、
また東条英機元首相以下、占領軍に一方的にA級戦犯扱いされた人達やその他のB・C級戦犯扱いされて処刑された人達を、「公務執行中の殉難死者」とした事もすでに明らかであるからだ。


にもかかわらずTVや新聞等で「A級戦犯が~」「B・C級戦犯が~」と言っている政治家やマスメディアや自称知識人やらがいる事にうんざりしていた。


「お前ら、どこの国の人間だ!?」と。


今現在、A級やB・C級戦犯という言い方をするのは特定アジアだけ。
他の世界中のどの国もそんな言い方はしていない。

と言う事は、だ。
彼らは日本人ではなく、特定アジア人だということになる。

なるほど、それなら納得がいく。
異常なまでに日本を叩き、正しい歴史を見つめ直そうと言う動きを強引に潰そうとしているのも、
彼らが特定アジア人だからだとすれば納得できる。
彼らは、日本を特定アジアの奴属国にする為に存在しているのだから。



とっとと荷物まとめて大陸か半島に帰りやがれ!





それにしても先の政府見解は、国会での民主党の野田佳彦国対委員長の
「首相の靖国参拝に関して政府に提出した質問主意書」
に対しての答弁書の内容だが、野田佳彦国対委員長の質問主意書の内容が、

「『A級戦犯』と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない。
戦争犯罪人が合祀(ごうし)されていることを理由に首相の靖国神社参拝に反対する論理は
すでに破綻(はたん)している」

となっている。


どうした!民主!!正論じゃないか!!!
お前ら民主が率先して日本を特定アジアの奴属国にしようとしていたんじゃないか!
急に手の平返して気味悪いぞ!(pgr
もっと特定アジアや朝日のように電波飛ばせよ!(pgr
[PR]
by justice_moon | 2005-10-27 16:23 | 雑記

まとめて更新

しばらくリアルが忙しくて更新できてなかったので、ここでまとめて。

○朝鮮総連ガサ入れ
 やっとか。
 ていうか、公安も総連から色々と飴(賄賂など)とムチ(脅迫など)で押さえられてたんじゃネーノ?w
それがここに来てのガサ入れとは、何かあったか?と勘ぐってしまう。
まぁ良い意味にとれば、公安も何かあっても後ろがちゃんとバックアップしてくれる形ができたんだろう。
だからこそ動けた・安心してガサ入れできたと見て間違いないのではないだろうか。
この調子で総連本部など、全ての在日関連団体・企業などへのガサ入れもしてくれよ。

しかし、マスゴミの報道の仕方には笑わせてもらったw
特にNHKと東テレ。
総連と関係有と思われて間違いないし。ていうかもう皆知ってるし(もしかしてバレテナイとでも思ってるのか?(pgr
支那・朝鮮の奴隷として、日本を支那・朝鮮の奴属国にするためにがんばってくれ、この売国奴共wwwwwww

参考: 【他称:原理関係者】mumurブログさんより

○首相の靖国参拝
 これについては色々なサイト&ブログで言われているので細かい事は割愛して、簡潔に。
 小泉首相 → GJ!(ただ欲を言えば、紋付袴で本殿まで上がってちゃんとした公式な参拝をしてほしかった。
 李登輝台湾国前総統 → よくぞ言ってくれた!GJ!
 マスゴミ・自称知識人・在日関連団体・左翼・サヨク...etc → 大陸or半島に帰れ。ていうかマスゴミ、よかったねぇ~総連のガサ入れを有耶無耶にできて(pgr
 特定アジア → ハイハイワロスワロス(AA略


○鳥取県人権侵害救済条例に関して
ぼちぼちと動きが出てきた模様。
条例廃止&知事のリコール請求に向けての県内での署名運動、県議への抗議電話・メール・FAX、インターネット上での全国への署名運動・参加の呼びかけetc
来年6月1日までが勝負だからなぁ、それまでに廃止に持ち込まないと、人権擁護法案まで今の形で通ってしまうだろうし。
つーか、今の日本人は危機感が無さすぎ&日本と言う国に対しての日本人としての誇りが無さすぎ。

お前らどこの国の人間だ?
[PR]
by justice_moon | 2005-10-25 12:27 | 雑記
現在日本が行っている、「在日朝鮮人(以下、在日)」に対する差別の実態を、どれほどの日本人が知っているのだろうか。

<在日朝鮮人に対する差別の数々>
地方税→ 固定資産税の減免
特別区→ 民税・都民税の非課税
特別区→ 軽自動車税の減免
年  金→ 国民年金保険料の免除
       心身障害者扶養年金掛金の減免
都営住宅→ 共益費の免除住宅
        入居保証金の減免または徴収猶予
水  道→ 基本料金の免除
下水道→ 基本料金の免除
      水洗便所設備助成金の交付
放  送→ 放送受信料の免除
交  通→ 都営交通無料乗車券の交付
       JR通勤定期券の割引
清  掃→ ごみ容器の無料貸与
       廃棄物処理手数料の免除
衛  生→ 保健所使用料・手数料の滅免
教  育→ 都立高等学校
       高等専門学校の授業料の免除


これを見れば解るとおり、国は彼ら在日を
「日本が保護しなければ生きていけない軟弱で脆弱で惰弱な連中」
とみなしているのだ。


これは明らかに差別である。


これが戦後間も無い、物が無くて生きるのに必死な時期であればまだ解らん事も無いが、今は違うだろう?戦後何年経った?
すでに彼ら在日とて自力で生きていける生活基盤も出来ているだろう?
パチンコ関係、サラ金関係を見てみれば解るはずだ。

それなのに未だに彼ら在日を「日本が保護してあげなければならない対象」として扱うのは、
彼ら在日にとって余りに失礼ではないか?

今こそ上に列挙した、日本が行っている「在日に対する様々な差別」を完全に撤廃し、
一外国人として、他の外国人と対等かつ平等に扱ってあげるべきだと思うのだが、どうか。

おまけ
[PR]
by justice_moon | 2005-10-15 13:06 | 雑記
先の記事で人権擁護法案の危険性について書いたが、とうとうそれが現実の物となってしまった。

人権救済条例が成立へ 鳥取、恣意的運用に懸念も
これで鳥取県は事実上国内における無法地帯になったといっても過言ではないだろう。
これに対して鳥取県弁護士会が異議を申し立てているようだが、はてさて聞き届けられるかは疑問だ。
当然そういった人達には「部落解放同盟」という名の“人権ヤクザ”が“説得”にいくだろう。
無論ここで“説得”にあたるのは「部落解放同盟」だけではない。
在日朝鮮人達も同様に“説得”に動くだろう。
そして“説得”された弁護士会は異議を取り下げ、条例は“無事に”可決される事となる。

そうなったら連中の思う壺だ。
すでに福岡でも同じ条例を成立させようとする動きがあるし、
「地方自治体で成立しているものが、なぜ国で出来ないのか!」
と、人権擁護法案の成立に向けての口実として使われるに決まっている。
そして最終的には新聞・テレビ・インターネット全てにおいて、言論弾圧&統制がされる事となるだろう。


日本崩壊までのカウントダウン、、、しなきゃいけないかもな。

2ch「【人権救済条例】「重大な欠陥がある」弁護士会が表明…鳥取★2」より抜粋

74 :名無しさん@6周年:2005/10/11(火) 16:33:16 ID:gEvmBBtr0
>>65

第17条第3項で、人権委員に通報又は申し立てが出来ない場合を規定してる。
その第5号に「申立て又は通報の原因となる事実が本県以外で起こったものであること
(人権侵害の被害を受け、又は受けるおそれのある者が県民である場合を除く。)。」
ってなってる。
つーことは、鳥取以外で起きたことでも「被害者」が鳥取県民なら、人権委員の
おなーりーってこと

おまけ: No!鳥取 行かない。買わない。関わらない。 
[PR]
by justice_moon | 2005-10-11 12:59 | 雑記
爆発的に広まったインターネット。
それに伴い急速に進んだ情報の共有化。
それまでは新聞やテレビしかなく、それらのメディアの流す情報を事実だと思い、受け止めてきた我々にとって、インターネットのもたらした影響は想像以上に大きい。


“メディアの流す情報は正しいのか?”


その疑問に対し、自ら調べ・整理し・考える事が出来るようになったのだから。



だが、現在そのインターネットを規制しようと言う動きがあることを、どれだけの人間が気付いているだろうか。


“人権擁護法案”


この法案、確かに聞こえは良い。文明国にあって、人権保護の法令があることは大事な事だとも思う。
だが、05年10月11日現在国会に提出されようとしているこの法案の、実際の内容について知ってしまった後も、同じ事が言えるだろうか?

ここをじっくりと読んでみると、この法案の裏に隠された真実に気付けるだろう。
これははっきり言って言論の弾圧であり、規制であり、統制である。

一部の人間はこの法案を乱用して、それまで手が出せなかったインターネット上においても言論の弾圧と統制をしようとしているのだ。
こんな事が許されるのか?
特定アジアのように日本も言論を弾圧され、言論の自由が無い国になってしまうのか?

これは杞憂ではない。
[PR]
by justice_moon | 2005-10-11 11:26 | 雑記