私個人のメモ帳代わり。基本的に時事的な事を取り扱ってます。記事内でおかしな点がありましたらコメント欄にて指摘してください。ちゃんと調べた後に(あれば)訂正します。


by justice_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

靖国参拝について政府の公式見解?

先日の産経新聞の記事

政府は二十五日の閣議で、さきの大戦後、連合国によって「戦犯」とされた軍人・軍属らが死刑や禁固刑などを受けたことについて、国内法上は戦犯は存在しないとの見解を明確にした答弁書を決定した。
首相の靖国神社参拝に関しては「公式参拝」であっても、宗教上の目的ではないことが外観上も明らかな場合には、憲法に抵触しないとの見解を改めて示した。
いずれも民主党の野田佳彦国対委員長の質問主意書に答えた。
答弁書は「(極東国際軍事裁判所やその他の連合国戦争犯罪法廷が科した)刑は、わが国の国内法に基づいて言い渡された刑ではない」と指摘。A、B、C各級の「戦犯」は、国内では戦争犯罪人とはいえないことを明確にした。
また、答弁書は首相の靖国参拝に関し、「戦没者の追悼を目的とする参拝であることを公にするとともに、神道儀式によることなく、宗教上の目的によるものでないことが外観上も明らかである場合は、憲法二〇条三項の禁じる国の宗教的活動に当たることはない」との見解を改めて表明した。
靖国参拝について藤波孝生官房長官(当時)は昭和六十年、「首相、閣僚が国務大臣としての資格で戦没者の追悼を目的として、靖国神社の本殿、社頭で一礼する方式で参拝することは、憲法の規定に違反する疑いはない」との政府統一見解を発表している。
首相の靖国参拝をめぐっては、大阪高裁が拘束力を持たない「傍論」で靖国参拝を「公的行為」と認定。
憲法の禁止する宗教的活動に当たるとしたが、政府見解はこれを真っ向から否定した。




改めて政府の見解として公式に発表した事は、高く評価したい。
しかし一方で「はぁ?今頃なに当たり前のこと言ってんの?」とも思う。

講和条約成立後、日本国政府が真っ先に行った事が「大東亜戦争における『戦犯扱いされた』拘留者達の釈放」である事はすでに明らかであるし、
また東条英機元首相以下、占領軍に一方的にA級戦犯扱いされた人達やその他のB・C級戦犯扱いされて処刑された人達を、「公務執行中の殉難死者」とした事もすでに明らかであるからだ。


にもかかわらずTVや新聞等で「A級戦犯が~」「B・C級戦犯が~」と言っている政治家やマスメディアや自称知識人やらがいる事にうんざりしていた。


「お前ら、どこの国の人間だ!?」と。


今現在、A級やB・C級戦犯という言い方をするのは特定アジアだけ。
他の世界中のどの国もそんな言い方はしていない。

と言う事は、だ。
彼らは日本人ではなく、特定アジア人だということになる。

なるほど、それなら納得がいく。
異常なまでに日本を叩き、正しい歴史を見つめ直そうと言う動きを強引に潰そうとしているのも、
彼らが特定アジア人だからだとすれば納得できる。
彼らは、日本を特定アジアの奴属国にする為に存在しているのだから。



とっとと荷物まとめて大陸か半島に帰りやがれ!





それにしても先の政府見解は、国会での民主党の野田佳彦国対委員長の
「首相の靖国参拝に関して政府に提出した質問主意書」
に対しての答弁書の内容だが、野田佳彦国対委員長の質問主意書の内容が、

「『A級戦犯』と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない。
戦争犯罪人が合祀(ごうし)されていることを理由に首相の靖国神社参拝に反対する論理は
すでに破綻(はたん)している」

となっている。


どうした!民主!!正論じゃないか!!!
お前ら民主が率先して日本を特定アジアの奴属国にしようとしていたんじゃないか!
急に手の平返して気味悪いぞ!(pgr
もっと特定アジアや朝日のように電波飛ばせよ!(pgr
[PR]
by justice_moon | 2005-10-27 16:23 | 雑記